フロアコーティングの利用時期について

フロアコーティングは、フローリングに特殊な塗料を塗り、フローリングの寿命を長持ちさせることや、光沢を出す役割があります。

また、表面をコーティングすることで、表面に傷がつきにくく、長い間きれいな状態のフローリングを実現することができます。


フロアコーティングをするタイミングはできるだけフローリングが新しい状態の時が良いでしょう。


なぜなら、新しい状態を維持することができるからです。

逆にすでに使い古されており傷が多くついたフローリングではその状態を維持することになりあまりフロアコーティングをする意味がないのです。

今よりも埼玉のフロアコーティングに関する情報収集をサポートします。

フロアコーティングの寿命ですが、コーティング剤の種類によっても異なりますが、10年から30年です。
もちろん費用をかけたほうが寿命は長くなります。

Girls Channelについての情報はこちらです。

では、寿命が長いものにすれば得かというと、将来的にその家に何年住み続けるかによって変わってきます。

フロアコーティングで注意するべき点は、コーティングの種類によって光沢の度合いが異なることです。

とにかく光るからきれいというだけでコーティングをすると光沢がきれいなのはいいのですが、床だけが浮いてしまった感じになるため光沢の度合いもよく吟味するべきです。

コーティングをするときの業者を選ぶ場合については、リフォーム会社を経由すると保証がしっかりしているというメリットはありますが、その反面下請け業者に仕事を任せるため、中間マージンが発生してしまうことがあります。



料金を気にするのであれば直接塗装業者を選ぶのが良いでしょう。