フロアコーティングの光沢について

ガラスやウレタン、セラミックなどフロアコーティングには様々な種類がありますが、これらを選ぶ上で考慮しておきたいのが光沢です。
フローリングの上からコーティング材を塗布して、自然乾燥や機器を使って強制的に乾燥させるのが現在の施工方法の主流です。


乾燥後にコーティング剤は光沢が出るようになり、これが見た目の美しさへと繋がってきます。

用いるコーティング剤の種類によって、光沢の度合いや質感、太陽光を反射した時の光具合なども違ってきます。

このため実際に施工する前に、光沢感についても詳しく調べておくことを勧めます。



光沢感を知るには、業者にカタログを請求してチェックをしたり、サンプルのフローリングパネルを貸し出してもらったり、あるいは業者のホームページで写真を閲覧して判断することもできます。

ただ実際に施工されたフローリングを見ないと分からない部分も多いため、やはりサンプルを取り寄せて触り心地なども含めて判断するのが理想的です。

またガラスコーティングのように、フロアコーティングの中にはツヤ有りとツヤ無しを選べるタイプもあります。ラグジュアリーな雰囲気を出したいならばツヤありを、落ち着いた質感を出したいならばツヤ無しを選ぶと良いでしょう。

千葉のフロアコーティングを知るならこのサイトです。

ツヤの有無は施工をするフローリングの種類に応じて考慮すると、よりフローリングの素材感を活かせます。

安めの費用で光沢感を出したいならば、ウレタンコーティングを選んだりと、フロアコーティングの光沢だけでも工夫の余地は多くあります。

nanapiの情報を利用しない手はないです。